ユニクロ「ヒートテック」とベルメゾン「ホットコット」冬の肌着を比較

ホットコット

冬用のあたたかい肌着で人気の高いユニクロのヒートテックインナー、個人的には冬用肌着ではベルメゾンのホットコットも好きでどちらも愛用しています。

この冬は両方の新しいアイテムを買ったので、今日はヒートテックとホットコットについて書いていきます。

ユニクロ「ヒートテック」とベルメゾン「ホットコット」冬の肌着を比較

 

ユニクロのヒートッテックインナー

ユニクロでは夫用のヒートテックインナーを買うことが多いのですが、私もネックラインが広いヒートテックのバレエネックが好きで買っていました。

www.tiisakukurasou.net

ヒートテックは薄手で重ね着してももたつかないし、胸元が広いバレエネックはインナーがチラ見えするような心配がなく便利で活躍しています。

オンライン限定のバレエネック

www.uniqlo.com

バレエネックはオンラインストア限定商品なので、店舗での取り扱いはありません。

素材は、38% ポリエステル,32% アクリル,21% レーヨン,9% ポリウレタン

お値段は、税込990円

 

昨年購入したものと比べるとネックラインがより広くなって背中の開きが大きくて、着丈も少し短かめ。

ヒートテック バレエネック

私は体調が悪かったり乾燥が酷いときにヒートテックを着ると肌が痒くなることもあるので、普段はベルメゾンのホットコットを着ることが多いです。

 

これまではホットコットでバレエネックの取扱いがなかったこともあって、服装によっては手軽に買えるユニクロのヒートテック(バレエネック)が活躍していました。

ベルメゾンのホットコット

ベルメゾンネット

冬のインナーに愛用しているベルメゾンのホットコットは、綿の割合が高くて肌に優しく着心地のよさも魅力的な商品。

この冬は初めてネックラインが広いホットコット(オフショルダー)が販売されていたので購入しました。

 

素材は、95%綿、ポリウレタン5%(ストレッチ天竺) 

お値段は、税込1,290円でした。

ヒートテックとホットコットを比較

ヒートテックとホットコット

写真はこの冬に新しく買ったユニクロのヒートテック(バレエネック)と、ベルメゾンのホットコット(オフショルダー)。

2枚重ねの上(グレー)がホットコットで下(黒色)がヒートテック、どちらも通常よりもネックラインが広めのデザインです。

着丈と生地の厚み

新しく買った2枚のインナーはネックラインの広さにはあまり差がありませんが、着丈は少しホットコットのほうが長めでした。

着用時もホットコットは丈があるぶんウエスト周りがもたつく印象が少しあります。

 

素材の厚みもヒートテックのほうが薄手でホットコットのほうが気持ち厚手。

インナーとして洋服に響かないのは、ヒートテックのほうかも知れません。

運動時にはどちらも不向き

ヒートテックは運動したり汗が多いような場面にはあまり向かないと聞いたことがあるけれど、綿素材のホットコットも汗の乾きにくさは少し感じるので汗が多い場合には不向きです。

日常使いには特に問題なく、暖かさの違い等は正確なことは分かりませんが、体感では大きな違いはなくてどちらも暖かく活躍しています。

 

わが家では、夫は薄手でウールと重ねてももたつかずサラっと着れるヒートテックが好きで、私は厚みがあっても肌に優しいホットコットが好きです。

肌に近いインナーほど、人それぞれに好みが分かれるアイテムなので、色々試してみるのもおすすめです。

 

以上、ユニクロで買ったヒートテックとベルメゾンで買ったホットコットについてでした。

またなにか買物をしたら更新していきます。

ユニクロでの買物記事はこちらにも

www.tiisakukurasou.net

お買物はトラコミュの記事も参考になります

にほんブログ村テーマ
☆☆コレ!!買ってよかったよ☆☆
にほんブログ村テーマ
何を買いましたか?♪♪
大人のユニクロ コーデ