読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の最終SALEで買ったのは秋から活躍する「長袖コットンニット」

夏の最終セールで夏服と秋服を買いました。

夏服についてはこちら、これから使える服として買ったのは長袖コットンニットです。

最終SALEで買ったのは秋から活躍する「長袖コットンニット」

 

セールで買った長袖コットンニット

コットンニット

買ったのはシンプルな長袖コットンニット、紺色です。

Vネックの開きも広すぎず定番で着られそうなシンプルデザイン、丈も長すぎず短すぎず使いやすいです。

 

50%OFFまで値下げしていて商品も気に入ったので、色違いを買おうかとオンラインショップを覗いたら、グレーは売り切れていました、残念。

 

 

冬にも着ているコットンニット

コットンニットは春や秋の初めに着る人が多くて、ウールに比べると暖かさは劣るので、冬に着る人は少ないのかな? 

 

私はウールのニットを着ると袖口や首回りがすぐ赤く痒くなってしまうので、真冬でもコットン素材の服をよく着ています。

このコットンニットも、冬まで活躍させる予定。

 

長いシーズン通して着れる・季節が限定されない服が多いほど、服の数が少なくても着回しやすく、手入れや収納の手間も減るのが嬉しいです。

 

あまりにも目が粗いものや春色のものは冬には避けますが、網目の細かい厚みのあるコットンニットはよく活躍します。

ウールに比べると手入れもラクだしイヤな静電気もなく、着心地がよくてお気に入りです。

 

冬のコットンニットは寒い?

これまでは冬に着ていてもあまり寒さを感じたことがなかったので、どうしてか理由を考えてみました。

 

  • 暖房の効いた場所で過ごすことが多い
  • 雪が少ない地域に暮らしている
  • 子供もいないし外で長時間過ごすことが少ない
  • 寒い時期にずっと外にいるのは、自分が身体を動かす(歩く走る)ときだけ

 

真冬にはインナーにヒートテック系のあったかインナーを重ねて着ていますが、コットンニットであまり寒さを感じなかったのは、そもそも寒い場所で過ごす時間が少ないからかも。

 

それぞれの暮らす環境や体質の変化によっても、使いやすい洋服や素材って変わりますよね。

薄手で高機能な暖かいインナーが増えたのも、真冬でもコットンニットで過ごせるようになった理由の1つかも知れません。

 

秋の始まりはインナーをタンクトップや半袖に、寒くなったら長袖インナーと重ねて長いシーズン活躍させたいです。