【乳がん検診の再検査(精密検査)その3】細胞診の検査結果

花と鳥

3月は所用で久しぶりに東京や名古屋へ出掛けたのですが、暖かさに驚きました。

こちらも少し暖かくなってきたけれどまだ雪が降ったり、朝晩はダウンジャケットが活躍しています。

今日も前記事の続きで、乳がん検診での精密検査の結果について書いていきます。

【乳がん検診の再検査(精密検査)その3】細胞診の検査結果

 

乳がん検診の再検査(精密検査)

これまでの経緯はこちら

  • 年明けに受けた乳がん検診の結果が「要精密検査」でした

www.tiisakukurasou.net

  • 検診から約1か月後に、病院で精密検査を受けました

www.tiisakukurasou.net

精密検査(細胞診)の結果

病院での精密検査から1週間。

検査の結果を聞くために、予約していた時間に合わせて病院へ向かいました。

 

夫が「仕事を休んで一緒に行こうか」と言ってくれたけれど、もし悪性の場合にはこの先もっと付き添いが必要な場面が出てくるかもと思い、1人で行くことに。

もし悪性でも、もし良性でも、緊張からうっかり聞き忘れがないよう、手帳にはパターン別に診察で医師に聞いておきたいことをメモして出掛けました。

 

待合室での待ち時間には相変わらず漫画を読んで気を紛らわせたけれど、乳腺外科の待合室では付き添いの方と一緒に来られている方も多かったです。

100%とは言えない

番号を呼ばれて診察室に入ると、先生にすぐ「検査の結果は良性だった」と言われ一気に緊張がほぐれました。

 

ただし今回の検査は診断が100%確定できるものではなく、あくまでも「針で取ったなかには悪性のものがない」というだけで、胸のしこりが100%良性とも・悪性の疑いが0%とも言い切れないそう。

 

この先は少し期間をおいて3ヶ月、6ヶ月としこりの大きさに変化等がないかを経過観察することになりました。

なんだかあまり安心出来ない結果だけれど、自分でも少し気にしてみて変化を感じたら早めに診てもらうようにしたいです。

乳がん検診の精密検査の費用

精密検査ではマンモ・超音波・細胞診・診察を受けて、会計で支払った金額は7,010円でした。

大きな病院は紹介状がないと初診料が高くなるけれど、精密検査は検診の結果と一緒に届いていた紹介状を持っていったので、思っていたよりもお財布に優しい金額で助かりました。

 

病院によっても違いはあるだろうけれど、自動会計機が利用できて会計の待ち時間も短く済み、支払いにはクレジットカードも使えてとても便利でした。

 

検査から1週間後の診察は検査結果の確認と3か月後の診察予約を取るだけだったので、会計での支払いは220円でした。

不安なまま待つ時間が長い

乳がん検診を受けてからは頭の片隅でずっと病気のことが気になって、検査結果が分かるまでの時間がとても不安で長く感じました。

精密検査の結果に少し不安は残るけれど、今回のことで自分の身体の変化に気付けたのは良かったです。

 

歳を重ねるごとの身体の変化には目に見えて分かりやすいものもあれば、目には見えない変化もあります。

怖がって目を背けるよりも定期的な検査が大切なんだと改めて感じました。

 

もしも乳がん検診で要精密検査となっても詳しく調べた結果は良性なこともあるので、怖がらずにまずは病院で検査を受けることをおすすめします。

 

私の胸のしこりも、この先に大きくなったり手術が必要になったりしないといいな。

以上、少し長い記事になりましたが今年の乳がん検診で精密検査を受けた体験談でした。