【転勤族】突然の引越しに慌てない!手続きリストと予定表

引越し手続きリスト 

「転勤族」と一言にいっても会社によって様々で、それぞれに違う部分も多いです。

 

半年以上前から転勤の内示がでる会社もあれば、2週間前に突然内示が出て大慌てで引越しをする会社もあります。

わが家の場合は、大抵が後者。

 

この春にも転勤で引越しをしたので、引越し手続きや荷造りについて、次回への記録も兼ねて書いていきます。

【転勤族の引越し】突然の辞令に慌てないために備えていること

 

転勤族の引越し

夫会社のように辞令が突然の場合は、子供のことを考えて単身赴任をする人も多いけれど、うちは大人2人だけ。 

家族が増える予定はなく、この先も今の転勤生活が続きます。

  

引越しのストレスはあるけれど、実は今の転勤生活はそこまで嫌いでもありません。 

 

 

面倒で大変な部分もあれば「転勤族でよかった」と思うこともあって、どんなことにも良い部分や悪い部分はあるのかな、と思っています。

  

引越しが決まって初めにやったこと

引越し先の住居を自分で探す場合には、転勤が決まったら「家探し」と「引っ越し業者選び」が第一かも知れません。

 

私たちの場合は住居も引っ越し業者も会社指定なので、自分達で探す必要はなし。

 

転勤が決まっても引っ越し業者さんの連絡や物件が決まるまでは、できることが限られていて、 いつも最初にやるのは「手続きリスト」と「予定表」の印刷です。

 

 

引越し手続きリスト

引越しでの住所変更手続きが必要なものは、パソコンに「引越し手続きリスト」の一覧表を作って保存しています。

 

転勤で引越しが決まったら最初に「引越し手続きリスト」を印刷、ライフラインの連絡先や各種手続き方法に目を通します。

 

新居が決まるまで進められないことも多いけれど、気持ちや時間に余裕のあるうちに、リストの内容に抜けや漏れがないかを確認しました。

 

リストの内容

わが家の手続きリスト内容は、ざっくり書くとこんな感じ

  • ライフライン
  • 免許・役所・税金関係
  • 駐車場等の個人契約
  • 銀行一覧
  • クレジットカード一覧
  • 保険一覧
  • ネット回線、電話等
  • 楽天・Amazon等のネット関係

それぞれ連絡先や個別の個人番号、必要な書類も一緒にまとめておくと手続きもスムーズに進められます。

 

 

引越し予定表

夫会社の場合は内示から2週間前後で新居へ引越すため、2週間分の引越し専用の予定表もパソコンに保管しています。

 

予定表に記入するのは、

  • 3食分の食事の予定や有無
  • 夫婦の行動予定
  • 暮らしや手続きの予定

ほかにも、前回の引越で感じたことや気づいたことを少しメモしたりも。

 

メモは市役所の手続きは朝一番が空いてるとか、ネット回線の手続きは時間が掛かるから最優先とか、物件選びの優先順位や注意点等の、ちょっとしたこと。

 

 

少しでもストレスを減らすために

夫は転勤が決まると仕事の引継ぎでホテル泊をしたり、歓送迎会で食事が不要になったり、休日が潰れることも。

 

普段に比べて不在が多くなり、顔を合わせて話をする機会も減ります。

 

お互いに転勤や引っ越し手続きで慌ただしく記憶が混乱したり、手続き内容によって「連絡は夫に、対応は妻が1人で」という場合も。

 

夫婦間での話の食い違いや伝え忘れがないように、引越し前後の手続き関係のメモは、1つの予定表にまとめて共通で確認できるようにしています。

 

予定表でできること

食事や行動予定表を作ることで

  • 冷蔵庫の食材の整理
  • キッチンの荷造り日の確認
  • 各種手続きの時間がとれそうな日の確認・・等

何を・いつ・どの程度進められるか、引越し前の細々したことを書き込んで整理するようにしています。

 

 

予定表から時間が取れそうな日をみて

  • 病院や美容室の予約
  • 引越し前に足を運びたい飲食店の予約
  • 友人や知人と会う、等

身体のメンテナンスや、楽しみの予定を組んだりも。

 

今回も引越しまでの空き時間で美容室や病院へ、スポーツジムで気分転換に身体を動かしたりしていました。

 

転勤族のわが家にとって引越しは数年(早ければ半年)に1度は必ずあることなので、突然の引越しに少しでも慌てないよう、普段から備えて暮らしていきたいです。

 

今回の引越しでの荷造りや荷ほどきのことは、また次に書いていきます。