熱田神宮で厄除け初体験!申込・料金・付き添い等、気を付けることは?

f:id:mizuhaya:20160106121116j:plain

1月5日、1年の初めに熱田神宮で夫の厄除けに行ってきました。

 

厄年は「節分が1年の区切り」という考え方もあるそうですが、初詣では今年の厄年の年齢一覧も貼られていて、忘れないうちに初詣と合わせて申し込んできました。

熱田神宮で厄除け初体験!受付、申込み、付き添い等

 

熱田神宮の厄除け、受付場所は?

熱田神宮の祈祷受付はお守り販売所の裏手側、御朱印の受付場所の隣にありました。

 

受付口が当日用と予約用で分かれていたので、熱田神宮の厄除けは事前の予約も出来るようです。

 

ちょうど御朱印を頂こうと並んでいると厄除けの受付が目に入り、列が空いているように感じたので「忘れないうちに厄除けも申し込もう」と、流れに身を任せて受付をしました。

 

受付が目に付きやすい場所にあったので申し込み易くいいキッカケになりました。

 

 

厄除けの付き添い

私が厄年のときは、私も家族も厄をあまり気にしない性分なので、とくに厄除けはしませんでした。

 

けれど厄年が過ぎたあとになって、「どうせなら経験の1つとして行けばよかった」と思った記憶があります。

 

義両親は比較的気にするほうなので、以前から夫のときには厄除けに行こうと考えていて、いい機会なので付き添うことにしました。

 

 

厄除けの申し込み

熱田神宮の厄除けは、受付をする前に申し込み用紙に記入する必要があります。

 

名前や住所を記入して受付で用紙を渡すのですが、ここで少し注意が必要です。

 

申し込み用紙に記入する名前と住所は、祈祷中に個別に読み上げられることがあります。

適当に書いたりせず、しっかりと読みやすい字で記入することをおすすめします。

 

 

熱田神宮の初穂料は3種類 

熱田神宮の初穂料には種類が3つあります。

  • 6,000円
  • 8,000円
  • 10,000円以上

受付で申し込み用紙を渡すと「初穂料はどれにしますか?」と確認されます。

 

金額で効果が違うわけでは無く、帰りに渡されるお土産の中身が少し違うようです。

今回は6000円を選びました。

 

私たちは初詣ついでに急きょ厄除けを決めたので、受付では財布からお金を払いましたが、帰宅後に調べると「厄除けのお金は事前に封筒に入れて用意しよう」と書かれているものもありました。

 

もしも気になる場合には、お金は事前に封筒で分けて用意しておくのも良いと思います。 

 

 

初詣の厄除け、混雑状況は?

初詣の時期の厄除けは、受付に並んでいる人は少なかったけれど結構混雑していました。

 

5日に伺ったので遅い初詣の人や仕事始めで厄除けをする人も多いのかも知れません。

 

受付を終えると一旦、祈祷の始まるタイミングまで待合室で待機するのですが、待合室は沢山の人で混み合っていました。

 

待合で見かけた仕事や会社関係の団体の方はみなさんスーツ姿でしたが、ファミリー連れは普段着の方も多かったです。

 

 

 

厄除けにかかった時間

受付を済ませると厄除けをする夫だけ、待合室の入り口で襷と玉串を渡されました。

首から襷をかけ、手に玉串を持って次の祈祷が始まるまで待合室で待機します。

 

始まる時間になるとドアが開き、神殿の中へ通されました。

神殿には付き添い人も同席できます。


神殿の中では簡単な住所と個人の名前を読み上げられて、舞いを観たりして約15分程で厄除けが終了しました。

 

帰りはお土産に厄除けセットを渡されました。

 

 

お土産に頂いた厄除けセット

f:id:mizuhaya:20160109171652j:plain

厄除けが終わり帰りに出口で襷を返すと、お札や落雁を渡されました。

 

個人の名前を確認して品物を渡していたので、人によってそれぞれ渡す品物の内容が違っているような様子でした。

初穂料は3種類でそれぞれに違うと思うので、それによって内容が違うのかも知れません。

 

いただいた厄除けのお札は、明るい高いところに置くといいそうです。

 

本当は神棚に置きたいところですが、うちは社宅住まいで神棚がありません。

せめてなにか棚の上に、ということで取りあえず本棚の上に置いています。

 

厄年は男性・女性で違う

厄年は性別によって年齢が違っています。

  • 男性の本厄は、25歳・42歳
  • 女性の本厄は、19歳・33歳

それぞれの前後の年が前厄・後厄にあたります。

 

年廻りにも注意

熱田神宮では厄年のほかに9年に1度廻ってくる「年廻り」というものもあって、運気が停滞して厄を払わなくてはいけないそうです。

 

年廻りは男女共通です。

  • 10歳・19歳・28歳・37歳・46歳・55歳・64歳・73歳・82歳・91歳。

厄年とは違い前後の年は気にしなくてもいいそう。

お寺や神社・宗派によっても違いがあるようです。

 

 

私が厄年のときには厄除けへは行かなかったので、初めての厄除けの付き添いはいい経験になりました。

今年も災厄のない、穏やかな年になればいいなと思います。

 

 追記

厄除けでいただいたお札の置き場所が気になって、無印良品の壁に付けられる家具を使って簡単な神棚を作ることにしました。

 

 

ネットで探してみると、最近は色んなデザインの神棚があって驚きました。

インテリアや部屋のイメージを崩したくない場合にも、雰囲気に合うものは見つかりそうです。