引越しの荷ほどきを簡単に!荷物が早く片付くように気を付けていること

ダンボール

突然の春の引っ越しから、約3ヶ月が過ぎました。

そろそろ「取りあえず」で使っている収納を見直して、断捨離や整理をしようかと考えつつも、腰が重い毎日。

 

引っ越し疲れ、五月病、腱鞘炎、最近は「夏バテかな」なんて、理由を付けては後回しにしています。

転勤や引越しでいつも面倒に感じるのが、荷ほどき後の新居の片付けや収納の整理です。

 

料理でも食器洗いや片付けが1番億劫なので、元々「片付けること」自体が苦手なのかも知れません。

今回は引越しの荷ほどきについて書いていきます。

引越しの荷ほどきを簡単に!早く片付けるコツは?

 

荷ほどきは早く終わらせたい

引っ越しが終わっても家の中に段ボール箱のある状態では、なかなか気持ちも落ち着きません。

 

そんな状況が嫌いなので、引越しの荷解きは毎回バタバタと手早く済ませるようにしています。

 

目指すのは「整った完璧な部屋」ではなく、取りあえず日常を過ごせる状態の部屋。

2人暮らしで子供もいないので、大抵は引越しから2~3日で段ボール箱を全て片付けて荷解きを終えています。

 

 

簡単荷ほどきのための、荷造り

荷解きを簡単に終わらせるために1番気を付けているのは、引っ越し前の荷造りのやり方です。

 

わが家の荷造りについて書いた記事はこちら。

www.tiisakukurasou.net

 

www.tiisakukurasou.net

 

部屋や収納の写真を撮ったり、段ボール箱に内容を記入したり、メモを取ったり。

一つ一つは簡単だけど、荷解きで役に立つことが多いです。

 

上に書いた方法で荷造りをした場合の、荷解き方法は以下です。

 

赤ペンの箱が最優先

引越し前の荷造りでは、直前の梱包や最優先で開けたいダンボール箱には赤ペン、それ以外には黒ペンを使って内容を記入していました。

 

赤ペン記入の段ボール箱は、引越し屋さんに頼んで他の箱と分けて置いてもらったので、まずは最優先で「赤ペンの段ボール箱」から開けて片付けていきます。

 

私がいつも最優先で開けるのは、部屋が外から丸見え状態なのが嫌なので、窓のカーテンが入った箱です。

 

次にトイレ・お風呂

トイレ・お風呂は引越し直後から使用したい場所なので、優先的に片付けます。

引越し直後には、

  • 窓にカーテンを取り付け
  • トイレとお風呂が使用可能に
  • 食事のスペース・寝るスペースを確保

最低限はこの3つが片付けば、後はどうにかなります。

 

通し番号が大きいものから

荷造りでは段ボール箱に通し番号をつけていきました。

荷解きでは、通し番号の大きい順に開けて片付けていきます。

 

番号通りに開ける必要はないけれど、どれから開けようか迷ったら番号が大きい箱から開けるほうが片付けも簡単です。

 

なにか探し物があるときにも、内容を記入したメモ用紙を頼りに探せば簡単に見つかります。

 

棚は写真を見ながら整理する

本棚・食器棚・テレビボード等、家具の収納を片付けるときは、旧家で撮影した写真を参考にするのがおすすめです。

 

「次はどんな部屋にしよう?」とゼロから考えるのは楽しいけれど、考えながら片付けるのは時間を取られます。

適当に収納しようとすると上手く収まらない場合も。

 

引越し直後は「早く日常生活を過ごせる状態に家を片付けること」が最優先なので、写真をみながら同じように本や小物を収納していくほうが単純で時短できます。

 

 

引越し屋さんの協力も大切

荷解きをラクにするためには、引っ越し屋さんに協力してもらう部分も大きいです。

 

新居に段ボールや家具を運び込むとき、収納先や置き場所を先に指定しておけば、部屋を片付けるときに自分達で動かす手間が減ります。

 

業者さんによっては作業前に家具の配置を確認したり、事前に間取りや家具の配置図を記入する、専用の用紙を渡されることもあります。

 

新居での家具や段ボールの置き場所は、引越し前にある程度決めておくほうが良いです。

 

 

転出・転入手続きも効率よく

引越しをすると家の中の片付けだけでなく、色んな手続きも必要になります。

引越しの多い時期の市役所は混雑していて、手続きに無駄に時間を取られることもあります。

 

市役所での転入手続きでは、同一世帯の夫婦の場合は2人揃って手続きに足を運ぶ必要はなく委任状も不要。

  

1人暮らしの場合には無理ですが、家族で引越しをする場合には役割分担をするのもおすすめ。

 

わが家の場合、市役所の引越し前の転出手続きは時間が自由になる私が1人で。

引越し後の転入手続きは引越し当日に、夫1人で行ってもらうことが多いです。

 

マイナンバー通知カードに要注意

今回はマイナンバー制度が始まってから初めての引越しでした。

「マイナンバーカード」は申請していないので関係ないかと思っていたけれど、カードを発行していない場合にも、追加の手続きが必要です。

 

マイナンバーカードを発行している場合にはカードの住所変更が必要ですが、そうでない場合にも、番号通知の際に届いた「マイナンバー通知カード」の住所変更が必要になります。

 

こちらも同一世帯の場合はまとめて住所変更が可能なので、手続きの際には家族分を忘れず持っていくことをおすすめします。

 

 

役割分担して進める

わが家の引越し後の役割分担は、

  • 夫が、市役所の手続き・ちょっとした飲食の買い出し等の外回り
  • 妻が、荷解き・片付け等の家のこと

ときには引越しの荷物搬入やガスの開栓立会も、私1人で対応する場合も。

 

夫婦2人が揃う必要がない場面では、マメに連絡を取り合いながら別行動をすることが多いです。 

 

 

1人のほうが捗ることもある

荷解きや片付けは、正直なところ私は1人で進めるほうが捗ります。

なので引越し直後は、市役所の手続きや買い出しは夫に任せて、私は家で片付けを進めることにしています。

  

それぞれ得手不得手があるのと同じで、片付けは夫よりも私の方が得意。

反対に、引越しで疲れた身体で見知らぬ街を動き廻ったり手続きをするのは、体力のある夫に頼っています。 

 

2人ともマイペースでお互い引越しに慣れているから、別々に動くのが平気なのかな?とも思います。 

  

 

断捨離して物を減らそう

引越しが簡単になる1番の近道は「モノを減らすこと」なので、普段から断捨離して片付けておくこともおすすめです。

 

今回の引越しでは、わが家はまだまだ物が多いなーと再確認しました^^;

新居は収納スペースが少ないので、もう少し不要なものを断捨離していきたいです。

 

 

以上、長くなりましたが転勤族のわが家が引越しの荷ほどきで気を付けていることでした。

 

あまり特別なことはないけれど、荷解きはそれまでの過程次第で捗り具合が変わる気がします。

また新居での収納や断捨離についても、その内にのんびり更新していきたいです。

 

春の転勤をきっかけに、引越しについて書いた記事はこちら。

www.tiisakukurasou.net

www.tiisakukurasou.net

www.tiisakukurasou.net