賃貸でエアコンの臭いが気になったらクリーニング?交換?相談してみた

この春に引っ越した家は、比較的築年数の経っている賃貸住宅。

建物や部屋の古さは「仕方ない・・」と諦めたのですが、実は臭いに困っていました。 

賃貸住宅の匂いが気になる!エアコンの臭いが酷くて困った

 

玄関の臭いが気になる

最初に気になったのは、玄関の臭いでした。

「住み慣れた自宅の匂いは気付かないけれど、他所の家の匂いは気になるもの」とも聞いたことがあります。

新居の臭いが気になるのは、まだ住み慣れていないせいなのかな。

 

毎日掃除をしていたら少し落ち着いてきたものの、どうも埃っぽい古い家の独特な臭いがするので、玄関には芳香剤を置くことにしました。

 

もう少し臭いが気にならなくなってきたら、芳香剤ではなくアロマを置くのもいいかも知れません。

置き始めてからは帰宅する度いい香りに癒されるので、ちょっとした変化ですが結果良かったです。

 

 

水回りの臭いが気になる

次に気になったのは水回り、台所や洗面台・お風呂やトイレの臭いです。

何といえばいいのか悩む、下水のような嫌な臭いがあって困りました。

 

マメに掃除をして消臭剤や芳香剤を置いたり、ハッカ油を少し垂らしてもダメ。

定期的に排水パイプの汚れとりをしても臭いが消えず悩んでいたら、ちょうど管理会社さんの排水管洗浄があって、ようやく落ち着きました。

 

築年数が経っている場合には、建物自体の配管の汚れが原因になることもあるようで、いいタイミングで排水管洗浄があって良かったです。

 

 

賃貸住宅のエアコンが臭い

最後に気になったのは、エアコンの臭いでした。

 

電源を入れて稼働させると埃やカビの臭いが酷くて、フィルター掃除をしたり吹き出し口を拭いても、なかなか臭いが取れなくて困りました。

 

自分でエアコンクリーニングを頼もうと思い調べてみると、エアコンは業者さんのクリーニングが原因で壊れることもあるそうで・・・。 

 

備え付けのエアコンなので、勝手にクリーニングして万が一にも壊してしまうと大変なので、まずは管理会社に相談することにしました。 

 

 

電源は入るけど・・

物件の管理会社には正直に、「エアコンが稼働はするけれど臭いが酷くて困っている」と電話で相談しました。 

 

メーカー・型番・製造年を伝えると、製造から10数年が経った少し古いエアコンなので、クリーニングか交換か対応は大家さん次第だと説明されました。

 

自分の持ち物なら気軽に扱えるけれど、賃貸住宅で備え付けのエアコンは借り物なので全ては大家さん次第。

 

小心者なので電話をする前は、「エアコンが臭いなんて、わざわざ相談することかな?」と悩みましたが、何かしら対応してもらえるようでホッとしました。

 

 

取り替え工事

電話での相談から数日後、管理会社から「エアコンはクリーニングではなく新しいものと交換することに決まった」と、連絡がありました。

 

工事の立会が必要で工事業者さんと日時を相談して決めると、作業時間は約一時間半ほどで、あっという間に取り替え工事が終わりました。

 

賃貸住宅で備え付けエアコンに何かしら不調を感じる場合には、まずは管理会社に相談するのがおすすめです。  

 

私も相談をするのは正直迷いましたが、数日で直ぐに対応してもらえて、暑い季節の前に臭いが解消されて助かりました。 

 

 

エアコンの耐用年数は?

今回エアコンの交換があったことで、ふと「エアコンの耐用年数ってどれくらいなんだろう?」と、気になりました。

 

調べてみると新しく設置されたエアコンの「設計上の標準使用期間」には、10年と記載がありました。

一般的なエアコンの寿命は、10年が1つの目安になるようです。 

 

備え付けエアコンは15年以上前のものだったので、そろそろ寿命が近くて臭いが酷かったのかも知れません。

 

 

賃貸は身軽な借り暮らし

実は新居に越して直ぐの頃は「色々古いし臭いし嫌だね・・引っ越す?」と、夫と相談していました。

 

自分で家を選べない社宅暮らしなので、普段から「どうしても嫌なときは引っ越そう」と話しています。

少しのお金で身軽に自由に動けるのは、賃貸の魅力の1つ。

 

とはいえ管理会社に相談したことで対応してもらえ、自分でも対策をして部屋の臭いが解消されてよかったです。

  

 

臭い問題が消えた新居は、とても静かで環境がいいところは気に入っています。

少し前には朝起きて窓を開けると、車の騒音でも人の生活音でもなく、カッコウの鳴き声が聴こえ癒されることもありました。 

 

都会に暮らす友人に話したら驚かれたけれど、都会には都会の良さ・田舎には田舎の良さがありますね。

何にでも良い面があれば悪い面もあるもんだと、最近感じます。