【転勤族の引越し】梱包資材と必須アイテム/荷造りの前に

ダンボール

何度も引越しを繰り返していると、面倒な引越し準備にも少しずつ「慣れてきたかな」と、感じる部分があります。

 

今日は引越しの荷造りをする前に、いつも気を付けていることを書いていきます。

【転勤族の引越し】会社で違う梱包資材と必須アイテム/荷造り前に

 

荷造りの梱包資材は会社によって違う

引越しの荷造りでは、引越し業者さんが色々な便利アイテムを用意してくれることが多いです。 

  • 食器を手軽に梱包できる食器ケース
  • クローゼットの衣類を簡単に仕舞えるハンガーケース
  • ふとん袋
  • 食器を包む藁半紙やプチプチ
  • ガムテームも3つの色を使い分け・・等

 

業者さんによって梱包資材は様々で違いが大きいので、どんな梱包資材が使えるかは、見積もり訪問時に確認するのがおすすめ。 

 

大量のぷちぷちに苦戦

今回の引越しでは、ダンボール・布団袋・ハンガーケースが使えました。

面倒に感じたのは食器の梱包で、食器ケースや藁半紙は使えず大量の巻かれたプチプチのみ渡されました。

 

ロール状のぷちぷちを自分で食器サイズに切りながらの作業は、いつもより一手間多い感じで時間もかかりました。

 

お蔭で「食器をもっと減らそう!」と、改めて決心できました。

 

私の荷造り必須アイテム

便利な梱包資材とは別に、私の荷造りでの必須アイテムは地味に2つだけ。

黒・赤2色のマジックペンと、コンパクトなメモ帳です。

2色のマジックペンは、ダンボールに詰めた内容や日付によって色を使い分けています。

 

コンパクトなメモ帳は段ボールの中身が分かるよう簡単なメモをとったり、引越しでの細かなメモに活躍しています。

 

荷造りを始める前の準備

引越し屋さんからダンボールを受け取ると、つい急いで荷造りを始めたくなりますが、いつも荷造り前には写真を撮ることにしています。

 

普段の状態の部屋・収納の写真を、細かく撮影しておきます。

食器棚

写真はわが家の食器棚。

引越し後もこの写真を見ながら、食器を同じ位置に収納しました。

 

収納や部屋の写真を撮る理由

部屋の中や収納の写真を撮る理由は、引越し後の荷ほどきで活躍させるためです。

 

長年暮らした部屋や収納でも、引越し後に全く同じ状態に再現しようとすると、案外記憶があやふやで忘れていることも多くて・・。

 

転勤族の場合は似たような間取りの家に引越すことが多いので、引っ越し前に撮影した写真があれば、記憶に頼らずとも写真を見ながら片付けができて便利です。 

  

 

荷造り前の一手間で、荷ほどきはラクになる

とくに本棚・食器棚・キッチン収納等の、引越しても収納スペースに大きな変化がない場所は、撮影しておいた写真が荷ほどきで活躍することが多いです。

 

全体をしっかり・可動棚の場合は棚の位置まで撮影しておけば、写真を見ながら簡単に復元できて引越し後の片付け作業が早く進みます。

 

マイホームへの引越し等で収納や家具もガラッと変わるような場合には、写真はあまり役に立たないのかも知れません。

 

 

部屋や収納の写真撮影が終わったら、いよいよ荷造りスタート。

自分なりの荷造りのコツは幾つかあって長くなるので、また次回に書いていきます。