【幅狭足(細幅足)の靴探し】横アーチの崩れとブラックフォーマルパンプス

細幅フォーマルパンプス探し

百貨店に入っていた靴屋さん「アルカ」で足型計測をしてきました。

前回の続きです、ひとつ前の記事はこちら

【幅狭足・細幅足の靴選び】足に良い靴屋ALKA(アルカ)で足型計測!予想外の足トラブル発見?! - ふたり暮らしの家計ともの選び

 

足のチェックでは、「足幅の狭さ」と「横アーチの崩れ」を指摘されました。

アルカで足型計測!横アーチの崩れとブラックフォーマルパンプス

 

横アーチが崩れてる?!

足裏には3つのアーチがあるそうです

  1. 横アーチ
  2. 縦外アーチ
  3. 縦内アーチ

3つのアーチは歩行時の衝撃を吸収するクッションの働きをしていて、アーチが崩れると足への衝撃が増えて疲れやすく、膝や腰への負担も増えるそう。 

 

私は3つのアーチのなかで、指に近い部分の「横アーチ」が崩れていました。

足指のトレーニングをすると多少は改善されるそうです。

 

幅狭靴(細幅靴)選び「ブラックフォーマルパンプス」

アルカでは靴の用途を伝えると、自分でデザインを選ぶのではなく店員さんが足に合う靴を選んでくれます。

 

今回はブラックフォーマルパンプスを買い換えたくて「冠婚葬祭用を探している」と伝え、2足おすすめしてもらいました。

 

  1. ポインテッドトゥの太ヒール、サイドが開いたブラックパンプス
  2. 太ヒール・太ストラップ付き、ごつい印象のブラックパンプス

 

1.のパンプスはお祝いごとには活躍しそうだけど、あまり好きではない先の細い靴。

もともと足サイズが大いので、より大きく見える先の尖ったデザインが苦手です。

喪服のときにも使えないデザインでした。

 

2.のパンプスは甲部分が浮いて幅も合わないけれど、太ストラップで固定されて歩きやすかったです。 

 

幅が全く合わない場合でも、ストラップがあると歩けることは多くて、店員さんも「歩き仕事の多い女性におすすめする靴」と言っていました。

 

アルカではここから足にあわせて中敷きを入れていき、履き心地を調整するそう。

 

 

ブラックフォーマルパンプスのこと

  • 冠婚葬祭用の靴は「会場で一時的に履きかえる靴」として、歩きやすさを求めないのも一つの考え
  • 一般的な告別式やお葬式では、女性は「ストラップ付き」や「黒いひも靴」(光る金具なし)でも問題はない

 店員さんには、そんな風にも提案されました。

 

これまでプレーンパンプスに絞って探していたけれど、年齢を重ねるごとに女性はパンプスを履かなくなることも多いです。

 

「ストラップ付きで、会場で数時間だけ履く靴」なら、今までより範囲を広げて探せそう!と目から鱗でした。

相談してみて良かったです。

 

夏セールの時期に行って失敗

実はお店に行ったのは8月のことで、ちょうどセールで在庫も少なく新作も入荷前の時期でした。

 

店員さんには「今は他におすすめできる靴がない」と言われたので、今回は足型計測と試し履きのみで帰ってきました。

 

計測データは店舗で保管してもらえ、新作が入ればおすすめできる靴も増えると教えてもらったので、機会があればまた相談に行ってみます。

 

 

幅狭・細幅靴の気になるお店

最近お気に入りで読んでいるブログで、幅が狭い靴を扱っている「シュープレモ」や「幅狭靴のChochotte(ショショット)」の存在も知りました。

 

私より幅狭で困っている人も沢山いて、足に合う靴がなくて悩んでいる人は多いんですね。 

 

ショショットは幅狭なA幅向きのようですが、シュープレモはサイズ展開が広く無料で自宅フィッティングもあります。

 

月に数回は東京で足の計測会もあるようですが、なかなか気軽に行けそうにないので、自宅フィッティングを申し込みました。

 

靴が届いて試してみたら、また記事を書いていきます。