沖縄やちむん陶芸体験の完成品が届いた!旅の思い出と断捨離の目的

手作りやちむん2 

5月に沖縄へ行ったとき、以前から興味があった陶芸体験をしてきました。

先日、その「やちむん」の完成品が届きました。

沖縄やちむん陶芸体験の完成品!旅の思い出と断捨離

 

沖縄でやちむん体験

やちむんは沖縄の方言で焼き物のことです。

 

やちむん陶芸体験ではろくろを回して作ったのですが、少し難しかったけれど土がヒンヤリと気持ち良かったです。

 

先生がマンツーマンで教えてくれるものの、私はなんだかろくろの回転に身体が流されてしまい、手がぶれぶれに。一緒に回りそうでした・・。

 

手作り陶芸体験のやちむんが完成!

手作りのやちむん

陶芸体験では器の形を完成させるところまでで、焼き上がりは自宅に郵送してもらえました。
 

左は夫が作ったもので、右は私が作ったもの。

同じ先生に教えてもらい同じ材料で作ったのに、作る人によって違うんだと驚きました。

夫のお皿はすごく好みの感じに完成していました。
 
左(夫のお皿)はシュッとしていて、右(私のお皿)はなんというか素朴な・・もっさりした感じ(笑)

お皿の角度も最後のフチの仕上げも、それぞれに全然違っていて面白いです。

 
直径14㎝で深さのある小鉢、シンプルなので普段使いに活躍しそうです。
 
 

旅の思い出、思い出のモノ

普段は旅行に出かけても自宅のお土産は、すぐに消える食品以外あまり買いません。

 

楽しい旅の思い出は沢山欲しいけれど、テンション高めでの買物は注意も必要です。

 

あとになって「なんでこれを買ったんだろう・・?」と、自分で思うことが何度もあったので、気を付けるようにしています(^^;)

 

 

食器が増えたけれど大満足!

やちむんの陶芸体験でも、最近せっかく食器を減らそう!と思い片付けをしたのに、また食器を増やしてもいいの?と一瞬迷いました。

 

けれど「モノを増やさない」ために、自分の興味や関心を抑えるのは少し違う気もしたので、単純に体験を楽しむことにしました。

 

「モノを減らす」ことが断捨離や片付けの目的ではなくて、「快適に暮らす」ためにモノを減らしたり整理をしているので、これからも興味のあることにはチャレンジしたいです。