断捨離できなかった思い出の腕時計、ベルト交換でイメチェン成功!

ベルトを変えました

使っていないけれど捨てられない時計がありました。

 

思い切って断捨離しようか迷ったけれど手放したくなかったので、また使えるように手を加えることにしました。

断捨離できない腕時計、ベルト交換でイメージチェンジ

 

使っていなかった腕時計

若い頃に気に入って買ったフォッシルの腕時計。

高価なものでもないし長い間使っていないけれど、思い入れも多くてなかなか手放せませんでした。

 

電池も交換していて今も動いているし、大きな傷がある訳でもありません。

どうして使わなくなったのか改めて考えてみると、理由は3つありました。

 

腕時計を使わなくなった3つの理由

1つは、ベルトがカジュアルで、最近の趣味に合わなくなったこと。

1つは、ブランドのイメージが10~20代の若者向けなこと。

そして最後の1つは、ベルト自体がくたびれて交換の必要があること、でした。

 

ブランドのイメージは変えようがないけれど、時計のベルトは交換することができます。

くたびれた若者向けデザインのベルトを、少しキレイめな印象に変わるものへ交換することにしました。

 

時計の替えベルト

時計の替えベルトは自分でサイズを測って、楽天市場のお買い物マラソンで購入しました。

(ベルトサイズの測り方はお店の商品ページに書かれていました)

 

シンプルな革のベルトと悩んだけれど、折角なので思いきり印象を変えてみることに。

 

写真は実際の使っていなかった腕時計と、届いた替えのベルト

使っていない時計と替えベルト

セット工具の使い方や交換方法は写真付きで分かりやすく、私でも簡単に交換できました。 

 

ベルトの長さ調整

一番上の写真はベルト交換した直後のもので、ベルトが少し長かったので調整しました。

長さ調整には少し力が必要でセットで付いてきた工具では上手く外せず、自宅にあったドライバーセットの先が尖ったものを使って外しました。

 

腕時計のベルト交換で使った工具

傷が付くかな?と心配もありましたが外して使わない部分だしいいかなと、工具を変えると意外と簡単に外れました。

 

2店舗で貰った無料の工具

以前には夫の時計ベルトも自宅で交換しました。

tiisakukurasou.hatenablog.com

 

前回も今回も、ベルト交換に必要な工具は無料で付いてきたけれど、使い道は同じでも工具の形がお店によって少し違っていました。

 

写真中央は今回頂いたもの。

左は前回夫のベルトを購入したお店から頂いたものです。

無料で貰えた2つの工具

腕時計のベルト交換や調整はお店に持ち込めば手軽ですが時間もお金もかかるので、自宅で手軽に出来るのは嬉しいです。

 

フォッシルの時計は30代後半が使うイメージではないかなー?とは思うものの、私は普通の主婦でブランドにはあまり興味もないので、気にせず好きなものを使うことにします(^^)

 

長い間使わず仕舞っていた時計だけど、ベルトを新しく替えたことでもう少し活躍させることができそうです。