読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【おたふく風邪】大人のおたふく体験談!食事や症状の記録/役立ちアイテム

大人のおたふくかぜ体験談、食事と役立ちアイテム

ヤフーニュースでおたふく風邪が流行の兆しという記事を見かけました。

私は大人になって30歳を過ぎてから「おたふく風邪」にかかったので、ニュースを見て思わず当時の痛みを思い出しました。

 

おたふく風邪になったときは、頬の痛みは酷いし身体は辛いし分からないことだらけで不安いっぱいでした。

 

実際に病気で身体が辛いときは、病名とか専門的な知識より「どうすれば少しでも症状がラクになるか」「どれくらい身体の痛みや辛い状態が続くのか」が気になりました。

 

個人ブログの体験談が参考になったので、私も完治までの記録を公開します。

症状には個人差もあるけれど、興味のあるかたは良かったら見てください。

 

大人のおたふくかぜ体験談「食事と役立ちアイテム」

私がおたふく風邪になって辛かったことは、頬の痛みが酷いことと普通の食事が出来ないことでした。

大人でも泣きたくなる程の痛さだったので、子供にとってもかなり辛い体験だと思います。

 

おたふくかぜは病院での血液検査が必要で、「ムンプス」という数値で確認出来るそう。

記事の上の写真は、実際の当時の血液検査結果を写したものです。

 

おたふくかぜの食事

おたふくのときには普通の食事をとるのが難しかったです。

熱いもの、固いもの、味が濃いもの、酸味が強いもの、辛いものも痛みが増して食べれませんでした。

食べられた食事

  • おかゆ
  • お茶漬け
  • 卵雑炊
  • プリン

暖かいものを食べると熱をもった頬の痛みが増すので、食事は全て冷まして食べることがお勧めです。

「よく噛む」ことも難しいので、とにかく柔らかいものを選んで、プリンも極力やわらかいものがおすすめ。

 

果物ゼリーも果物の微妙な酸味を感じて痛みが増してしまい食べれませんでした。普段はゼリーに果物の酸味を感じることはあまり無かったので少し驚きました。

 

食べられなかった食事

液体やゼリー状の栄養補助食品や栄養ドリンク

どちらも少しでも栄養を取ろうとして口にしたら、微妙な酸味が駄目でした。

ゼリーは吸うことも出来ずに痛みだけが増しました。

 

 

おたふく風邪で役に立ったもの

ストロー

顔や頬が腫れて口が開かなくなってしまうので、飲み物を口にするのも苦労します。

ストローがあると楽に飲めるようになるのでおすすめです。

 

保冷剤・保冷スカーフ

頬や腫れて熱を持つ部分は、冷やすと少し痛みが和らいで楽になりました。

保冷剤は直接当てるのではなくハンカチやタオルに包んで使うのがおすすめで、はじめから保冷剤がセットされている保冷スカーフが巻きやすくて便利でした。

 

 

ネットスーパー

おたふく風邪は人に感染するし動ける元気も無かったので、買物は基本的にネットスーパーに頼っていました。

西友は5000円以上は送料無料で、それ以下でも配送料はあまり高くなく当日配達が可能で便利でした。

 

イトーヨーカ堂のネットスーパーも当日注文・当日配達で最短4時間お届けで便利です。

 

LOHACOでは市販薬や衛生品も最短当日お届けで購入可能。

ヤフージャパンIDでの利用OKで税込1900円以上から全国送料無料・時間指定も無料で出来るのが嬉しいです。

<

 

 

おたふく風邪のお風呂

お風呂で身体を温めると痛みが増すので、ゆっくり湯船につかるのはあまりお勧めできません。完治するまではお風呂はシャワーだけで過ごしました。

 

おたふく風邪症状の記録・日数・体調変化

私がおたふく風邪に罹ったときの症状です。

  • ほほが腫れて激痛
  • 熱が出る
  • 口がとても渇く
  • めまい、立ちくらみ
  • 食事ができない

普通の食事が全く食べられなくなってしまい、極力なにか口にするように気を付けていたにも関わらず、30代女性の標準体型ですが1週間で3キロ体重が減りました。

めまいや立ちくらみは、食事で栄養が取れていなかったことが原因かも知れません。 

 

おたふくかぜの体験記録メモ

確実に「これはおたふく風邪だ!」と実感したのは2日目の夜でした。

痛みと腫れのピークは違和感を感じてから3~5日目で、7日目には症状が少しだけ楽になっていました。

違和感や腫れが完全に消えたのは12日目でした。

 

1日目 (体温 37.1度)

寝起きに耳の下から顎の付け根、首の辺りに妙な違和感を感じました。

食事のときにも少し痛くて、夕方には少し腫れているような気もしたけれど、普通に過ごせていたので特に気にもしませんでした。

 

2日目 (体温 37.1度)

(朝)

昨日の妙な違和感が痛みに変わり、頬は右側の耳の下あたりが少し腫れぼったい。

あまりの痛みに病院へ行こうと思ったけれど、何科に行けばいいのかが分からない・・。

私が痛くて半泣きになりながら身支度をしている間に、夫が病院に電話で問い合わせてくれました。

 

「耳鼻科」か「口腔外科」がいいかもと言われたので、とりあえず両方の科がある総合病院の口腔外科へ行くことにしました。

 

最初から「おたふく」を疑うなら大人は内科でも良いのかな?私は「おたふく風邪」ではなく「顎がおかしくなった」かと思っていました。

 

総合病院の口腔外科へ

体温チェック(37.1℃)のあとに診察で耳下腺の腫れを確認、そして採血。

血液検査の結果が出るまで、耳下腺炎かオタフクか判別不明とのこと。

念のため人との接触を避けて安静にしておくこと、血液検査の結果は1週間後にしか分からないと言われました。

もらったお薬は「メイアクトMS錠」のみで、痛み止めや解熱には自宅の置き薬のバファリンを飲んでいました。

 

(夜)

右側だけだった頬のはれが、左側にも出てきました。
昼までは頑張って普通の食事が出来たけれど、夜になると普通の食事は一気に辛くなって食べれなくなりました。

 

 

3日目 (体温 37.9度)

熱・頬の腫れ・痛みのピークで、特に朝の寝起きの痛みがとても辛いです。

ここから~6日目までは通常の食事が全く出来なくて、色々試してみた中で一番痛みもなく食べれたものは、柔らかいプリンだけでした。

 

 

4日目 (体温 37.9度)

昨日に引き続き、熱・頬の腫れ・痛みのピークで、特に朝の寝起きの痛みがやっぱり辛い。
通常の食事も食べれなくて、頬を冷やしながらストローで水分補給をしつつ寝て過ごしました。

 

 

5日目 (体温 37.1度)

おたふく風邪特有の頬の腫れは少し引き始めたけれど、今度は顎の下が少しずつ腫れてきました。
熱が少し下がって身体は少しだけラクになるけれど、普通の食事はまだ出来ませんでした。

 

 

6日目 (体温 37.1度)

顎の下の腫れが気になるものの、頬の腫れは引いてきました。

食事はまだ通常のものは痛くて食べれないけれど、相変わらずプリンが美味しい。

 

 

7日目 (体温 36.5度)

ずっと冷たいものしか食べられなかったけれど、この日の昼には暖かい雑炊を食べられるようになりました。

血液検査の結果が出る日だったので、久しぶりにふらふらとタクシーで病院まで外出。

検査の結果はやっぱり「おたふく風邪」でした。

 

夜には病院の帰りに買ってきた幕ノ内弁当を完食。腫れはまだあるけれど、身体は随分ラクになりました。

 

 

9日目 (体温 平熱)

痛みもなくなりある程度腫れも引きました。

人前にも出れる顔になってきたけれど、まだ違和感がかなり残っています。

 

 

12日目 (体温 平熱)

腫れ・違和感が完全に消えてようやく完治しました

 

 

 

おたふく未体験の夫に感染しなかった理由

これはあくまでも私の体験なので、症状には個人差があると思います。

大人のおたふくかぜは子供に比べると高熱が続いたり重症化する場合もあるそうなので、少しでも違和感や不安を感じて不安な時には病院に相談してください。

 

看病してくれた夫もおたふく風邪は未経験で、私がうつしてしまわないか心配したけれど大丈夫でした。

後日、義母に聞くと夫は子供の頃におたふく風邪予防のワクチンを接種したから大丈夫だったみたい。

私も子供の頃にワクチン接種しておきたかったな・・・。