【お金】2015年に続けられた「がんばらない節約」5つと楽天大感謝祭!

私の思う節約は、必要なことにはお金を使うけれど駄使いはしないことです。

お金は暮らしを快適に変えるための1つのツールで、過剰に振り回されるのは嫌。


やっているのは小さな節約ばかりで珍しいものはないけれど、これまで続けてきた節約を紹介します。


2015年に続けた、5つのがんばらない節約

1.お弁当を作る

以前は夫のランチ代には、毎日500円~1000円位かかっていたそうです。
付き合いでランチを外で食べることもときどきはあるけれど、お弁当を作ることで月に1万円ほどは節約できます。

はじめはお弁当は身体にいいかと思ったけれど、作るのが面倒な時は市販の冷凍食品にも頼るので健康面では微妙かも?


毎日とにかく「作ること」を続けたら、最近は毎朝の習慣になってあまり面倒と感じなくなりました。
来年からは少しでも市販の冷凍食品に頼ることが減るように、手作り冷凍食品の比率を上げていきたいです。




2.マイボトルを持ち歩く

夫にはお弁当と一緒にマイボトルも持参してもらいました。150円×22日=3300円の節約になります。
休日にも夫婦ともにマイボトル持参で出かけてお茶代を節約しました。

ちょっとしたことだけど、節約って「ちょっとしたこと」を積み重ねることだと思っています。


3.外食はランチで楽しむ

基本的にあまり外食はしないけれど、どうしても外食をしたい時はランチに行くようにしました。
どのお店もディナーよりランチがお得に価格設定されているし、ランチならお酒を飲むこともないので安上がりです。


2人ともお酒は好きで楽しく飲むほうなので、外でお酒を飲まなくなったのは大きな節約になっています。
夫は仕事の付き合いで飲みに行くこともあるけれど、お小遣いの範囲で収めてくれています。


4.銀行ATMを利用するのは月に1回

こまごまお金を引き出すのは面倒なので、ATM利用は月に1回だけと決めています。
給料日直後に先取り貯蓄&生活費をまとめて引出し。


給与口座とカード引落し口座は同じで「生活費用の口座」としていて、貯蓄は別口座なので毎月預け替えをしていました。
来年からは住信SBI銀行を利用することで、この手間も減ってもっとラクになりそうです。


5.出かけない休日を作る

結婚したばかりの頃は休日のたびに出かけていたけれど、出掛けると何かしらお金を使います。
最近は意識してインドアな休日を増やしていて、自宅で映画・読書・仕事・勉強をして過ごすことが増えました。


お茶やコーヒーを入れて1日だらだら夫と過ごすこともあれば、2人で近所をウォーキングしたりジョギングするのも楽しみの1つです。




面倒臭がりでも節約はできる

この1年続けることが出来た節約は、どれも暮らしの「習慣」を少しだけ変えたことでした。
簡単なことばかりでよく聞く節約法

でもお弁当を作る習慣がなかった頃の私は毎日お弁当を作るのは「大変なこと」だと思っていました。

恐らく習慣ってそういうもので、気付けばそれが「節約のための努力」から「普通の日常」に変わるのかも知れません。


私は面倒なことは嫌いで我慢することも苦手です。
節約のためだと色々我慢をするよりも「習慣としての節約」を続けて、暮らしを変えていくのが性に合う気がしました。



欲しいものは買うしやりたいこともやります。
楽天市場で10店舗買いまわるし、無印良品週間でまとめ買いも楽しみます。


けれど普段の暮らしの習慣を少しだけ変えてみて、これからも「がんばらない節約」を続けていきたいです。


そして、12/19から楽天大感謝祭が始まりましたね!


楽天市場を覗いてみたら、以前の楽天マラソンやキャンペーンのポイントが期間限定で一気に付与されていました。


今回はポイントを利用して靴下・ランチマット・お皿・あとCDと日用品を買いまわろうと思います。
また買い物をしたら更新していきます。