読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コートを定価20%オフから更に20%オフで購入。割引の計算がややこしい

夫と買い物に出かけたらビジネスコートのセールをしていました。

撥水加工でライナー付きのシンプルな好みのコートを見つけて、サイズも良かったので購入することに。

定価の値札から20%引き、さらに期間限定で20%引き!とのことで、「安くなるのは分かるけど、いったいいくらになるんだろう?」と、思わずスマホの電卓機能に計算を頼りました。




値引き後のコートの値段

コートの定価は 20304円(税込)でした
ここから20%引 20304×0.8=16243
さらに 20%引 16243×0.8=12994 ←

今回は12994円でビジネスコートを買うことが出来ました
予算は2万円と考えていたので、お得に買えて良かったです。
こういう割引の仕方はよく見かけるし安くなるのは嬉しいけれど
買物をしながら自分で計算するとなると少し面倒に感じます。



2段階の割引を簡単に計算する方法

買物をしながらでも簡単に計算できる方法はあるのかなと
少し気になったので調べてみると、簡単な計算法がありました。

夫のコートを例にすると コートの定価は20304円(税込)
20%引き+20%引きで、値段は12994円(税込)になりました

20%引き=定価(1)に対して(0.8)の値段になります

今回は2段階で値引きがあるので
(0.8)×(0.8)=0.64 値段は定価の64%
20304円×0.64=12994円 レジでの支払額
(1)-0.64=0.36 実質36%引き



夫のコートは切りが悪い数字なので
あまりいい例えではなく、ややこしく感じますね。

例えを変更して、1万円から20%引き更に10%引きでは

0.8×0.9=0.72 値段は定価の72%
10000円×0.72=7200円 レジでの支払い額
1-0.72=0.28 実質28%引き


割引率を考えるときに使いたい

私は面倒臭がりなので、おそらく買物をしながら
ここまで正確に自分で計算はしないかな?とも思います。
便利なスマホに頼りきり。
でも「結局、何割引になるんだろ?」と考えたい時には
簡単に自分で答えを出せて便利だなと思いました。
買物で割引率に悩んだ時には使いたいと思います。


価格・金額・料金・値段の違い

記事を書きながら、価格・金額・料金・値段と
どの言葉を使うのがいいのかなと迷って、
言葉の違いが良く分からなかったので調べてみました。


価格とは=ものの価値をあらわしたもの(商品の販売価格、など)
金額とは=数字で表す金銭の量のこと(購入金額、など)
料金とは=なにかを使用・利用したときに支払う金銭(利用料金、など)
値段とは=売買されるときの金額、値、価格(値段が安い、など)


今回のような買物の場合には、”価格か金額か値段”を使うのかな
調べた印象では「値段」が1番広く使える言葉かなと感じました。
日本語って、複雑ですね。