【お金】解約する財形貯蓄の預け先に悩んでいる話

財形貯蓄の解約

夫の転職が決まり、財形貯蓄の解約が必要になりました


tiisakukurasou.hatenablog.com


お金に強い人やお金を増やすことが上手な賢い人ならば解約した後に投資とか色々考えたりするのかなと思いますが、うちは残念ながら2人ともあまり知識もなく投資にも明るくありません

なので財形を解約したあとは定期預金で銀行に預けようかと話しています。
とはいえ恥ずかしいことに定期預金も利用していながら実はあまり詳しくないので、今回は定期預金についても調べてみました



定期預金

定期預金は、お金を預けてから一定期間は引き出すことが不可能。
満期日が訪れるまでは原則として引き出しが出来ません。

満期までの期間は、銀行によって1か月~10年とさまざまです。

定期預金の金利について

定期預金を預けたタイミングでの金利が、満期まで続くのが固定金利。
預けた後に6か月ごとに金利の見直しを行うのが、変動金利。

定期預金の金利は、普通預金に比べると少し高く設定されている場合が多く、預け入れる期間や金額によって優遇される場合もあります。

一般的には預け入れる期間が長期の場合や、300万円や1000万円など大口となる場合に優遇することが多いようです。


定期預金の利息について

預けたお金にだけ利息が付く=単利
元本+利息の合計額に利息が付く=半年複利


調べてみると定期預金のメリットは

  • 気軽に利用できて元本保証
  • 通常よりも金利が少しお得

の2点になりそうです。
けれど最近は大手銀行やゆうちょ銀行の定期預金金利は0.020~0.050%と低いものが多数。
金利のメリットはかなり薄いように思います。


金利が低い今の状況で長期の定期預金に預けてしまうと、このさきに金利が上昇した場合でも「現在の低金利」が反映されるので、定期預金を預ける期間は短めにして様子を見るのもいいのかも知れません。




調べてみると、通常の大手銀行やゆうちょ銀行に比べると、インターネット銀行のほうが金利は比較的高いそうです。

定期預金のキャンペーンを利用すると、金利が約10倍近く違ってくることも分かりました。


【冬の“資産運用”応援特別企画】円定期預金 特別金利キャンペーン|住信SBIネット銀行
ウルトラ金利|WebWallet:しずぎん インターネット支店

それにしても本当に今は、どこも金利が凄く低いんですね。
数年前の定期に比べてみても、かなり下がっていて改めて驚きました。


ブログ村に登録しました
沢山のブログが参考になります

にほんブログ村 二人暮らし
にほんブログ村 主婦日記ブログ