来年の手帳を選んだ基準はシンプルさでした【高橋手帳 リベルインデックス7】

これまでとは少し違う手帳が欲しかったので、来年の手帳を近所の書店で購入しました。

手帳はいつも高橋手帳を使っています。
どこの書店でも手軽に手にとれて選びやすいし、使いやすいうえにお手頃価格なのも好きです。



2015年の手帳「No.471 デスクダイアリーA5版」

2015年に使っている手帳はこちら

No.471 デスクダイアリーA5版 月間ブロック式カレンダー+見開き1週間

A5サイズは大きめで書きやすく・使いやすくて気に入っているけれど、パートも辞めて専業主婦になってからは、見開き1週間やメモに白紙で1年を終えそうなページも増えました。


「勿体ないから」と無理に何かメモするのも少しおかしな話なので、この際もっと薄くて軽くてコンパクトな「今の自分が使いやすい」手帳を探しに行くことにしました。


2016年の手帳「No.307 リベル インデックス7手帳版」

お店で手に取りながら選んでみて、実際に購入したのはこれまでよりも薄く小さいシンプルな手帳です。

No.307 リベル インデックス 7 手帳版
月間ブロック式カレンダー

価格も前に比べて約半分とシンプルに!
もしも1年使ってみて不満が出たら、また来年の手帳を選ぶときの参考にします。


暮らしが変われば手帳も変わる

f:id:mizuhaya:20151116181706j:plain

新旧、重ねてみると大きさや厚みが全然違います。
2015年は黄色でしたが、2016年用は紺色に。色は毎年直感で目についたものを選んでいます


仕事を辞めてからは時間に追われることが減って、手帳に書く内容も以前とは少し変わりました。
今の暮らしにはこれくらいコンパクトで、シンプルな手帳が合っている気がします。

手帳に付いている薄いアドレス帳も数年前のものを引き継いで使っていたけれど、この際なので作り直すことにしました。


転勤族におすすめ、アドレス帳には転勤記録を!

アドレス帳には緊急時に必要な連絡先のほかに、長期に渡って必要になる情報も書き留めておくと便利です。

わが家は転勤族で数年に1度は引越しがあって、結婚して7年を過ぎたけれど既に5回の引越しもしました。


正直こんなに引越しが多いと、過去の住所・電話番号・住んでいた時期等を覚えていられません。
けれど何かのタイミングで以前の住所や電話番号等が必要になることも多いので、アドレス帳のメモ欄に記録しています。

  • 緊急時や家族の連絡先
  • 過去に転勤で住んだ家の情報(住所・TEL・暮らした時期等)


毎年変わる手帳とは違ってアドレス帳は数年使い続けられるし、小さな過去の情報は意外と便利で役に立つことが多いのでおすすめです。